ブログ
goal

WEBアクセス解析

2016.12.16734views

【課題点が一目で見つかる】目標到達プロセスをデバイス別に分析

Googleアナリティクスアクセス解析

Googleアナリティクスを使った分析観点として、Googleアナリティクスのレポート項目に沿うと、大きく以下の4つがあります。

  1. ターゲット層と合っているか(ユーザー)
  2. 流入経路は適正か(集客)
  3. Webサイトは使いやすいか(行動)
  4. 問い合わせはしやすいか(コンバージョン)

今回ご紹介する目標到達プロセスは、4番目の「問い合わせはしやすいか」を測るためのものです。Webサイトのゴール直前の課題を見つけられるため、改善がダイレクトにWebサイトの成果に繋がる効果的な分析です。

図1

<図1.Googleアナリティクスの基本レポート>

 

目標到達プロセスとは

例えばECサイトで商品を買う場合、図2のように購入までに必ず通るページがあります。

この一連の流れを「目標到達プロセス」と呼び、Googleアナリティクスでは目標到達プロセスのどこでユーザーがどれぐらい離脱(カゴ落ち)しているかを計測できます。

図2

<図2.目標到達プロセスの例:ECサイト>

 

目標到達プロセスで離脱しているユーザー=購入するつもりはあったんだけど、何らかの理由で離脱しているユーザーと言えます。興味を持って買うつもりだったユーザーを最後の最後で逃がすのは、とてももったいないですよね。

離脱ポイントが見つかれば、アクセス数を増やしたり他のページを改善する前に、カートや申込みフォームの改修をすることで、より早くより大きな改善成果を得られることもあります。

 

何故デバイス別に分析するのか

デバイス別に目標到達プロセスを比較した例が図3です。

  • 緑:次のステップへ進んだ割合
  • 赤:離脱した割合

になります。

図3

<図3.デバイス別の目標到達プロセス比較>

 

「Step4:会員情報入力」を見比べると、スマホはほぼ問題がないのに対し、PCの場合は6割近くが離脱しているという事実が判明しました。デバイス別に分けて見ないと「どうも新規会員登録の離脱が多そうだなぁ」と分かっても、問題はPCサイトだけにあるという事が分からず、問題のないスマホサイトの入力フォームまで改修してしまうかもしれません。

こうして「Step4:会員情報入力」の課題がPCサイトにだけあると特定できれば、なぜPCの場合は離脱してしまうのかをPCとスマホのページを見比べて確認する等して、離脱理由の仮説を立てていきます。そして仮説を元に改善をし、離脱率の変化を検証、そしてまた改善と繰り返していきます。

 

同じ目標到達プロセスでも、PCとスマホによって

  • デバイス上での見え方が違う
  • キーボード入力orスワイプ入力と、フォームへの入力方式が違う
  • サイトによっては入力項目が違う

という差があるため、このようにデバイス別に傾向の差は現れやすいです。

 

デバイス別に分析する方法

他のレポートであれば「アドバンスセグメント機能を使って、PCとスマホにセグメントすればいいよね」となりますが、目標到達プロセスにはアドバンスセグメントの適用が出来ません

ではどうするかというと事前にビューをデバイス毎に分けておく」ということで実現できます。

あえて「事前に」を強調しましたが、ビューは作成したその日から先のデータしか取れません。デバイス別のビューを今日作って、去年のデータを分析する、ということは出来ないんです。なので、もしまだビューをデバイス別に分けていないのなら、今すぐにでも作っておくべきです。

 

スマホ用のビューを作成する方法を例としてご説明します。手順は①ビューの作成、②フィルタを作成し適用の2stepです。

※フィルタを適用するために、アカウントレベルの編集権限が必要になります。

 

①ビューの作成

1

管理->ビュー から「新しいビューを作成」を選択。ビューを新しく作ります。

目標など、既存のビュー設定を引き継ぎたい場合は、以下のように

管理->ビュー->ビューの設定 から「ビューをコピー」を選択します。

3

 

②フィルタの作成と適用

2

管理->ビュー->フィルタ から「新しいフィルタを作成」を選択。

フィルタ名:「スマホのみ」など分かりやすい名前をつける

フィルタの種類:「カスタム」を選択し、条件は「一致」

フィルタフィールド:「デバイスカテゴリ」を選択し、「モバイル」

 

以上でスマホだけのデータを計測するフィルタが出来ました!後は同じようにPC、タブレットも作成すればOKです。

 

まとめ

ポイントは以下の3点です。

  • 目標到達プロセスは、すぐ成果に繋がる課題点が見つかる重要・有効な分析観点
  • 正しく分析するにはビューをデバイス別に作成することが必要
  • ビューの設定は過去のデータに反映されないため、すぐにでも作成しておくべき

私たちが分析を行おうとしても、デバイス別にビューが分けられていないため目標到達プロセスの分析が行えない、ということが本当によくあります。

分析手法を知ると同時に、分析できる環境作りにも取り組もうと思って頂けたら幸いです。

WS000000.jpg

セミナー情報

1555views

【Googleアナリティクスの勉強が難しいと感じている初心者の方へ】基礎・中級セミナー
グラシズ経営哲学

グラシズ代表の頭の中

1152views

誰のために、何のために仕事をするのか
お電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

各種お問合せ

各種お問合せはこちら

WEB制作会社・広告代理店様へ

  • WEBアクセス解析サービス無料資料請求
  • 無料メルマガ登録
  • ヒートマップPt engine導入体験
  • お試し価格でオンラインユーザビリティテスト