ブログ
WS000000

グラシズ代表の頭の中

2016.05.28948views

『今いる人材のベストを受け入れ、組み立てる』

人材経営

こんにちは、グラシズ土谷です。

今日は人材についてちょっと考えと気づきをシェアします。

ビジネス・組織を作る上で

・過去うまくできたものをベースに物事を組み立てる

・人の資質、強みに注目して、物事を組み立てる

という考え方を持っています。

考え方の前提

「期待」から物事を組み立てると無理や不整合が生じます。

例えば、ある人材が特定のミスを頻発するのであれば、この仕事にその人材をあてると、こんな風になる。という結果の傾向がわかっており、それはその組織の現時点での総合力の実力ということです。

  • できないことやミスに腹を立てるのではなく、人と仕事がマッチしていないことに注目する。
  • できないことに取り組むストレスを感じるのではなく、できることにシフトするという視点を持つ。
  • 自分を取り巻く人すべてを合わせた力が、自分の事業の身の丈の力である。

といったように、今現在の組織の総合力によって、何をどう生み出すことができるのかに着目します。

 

ビジネスの組み立て方は、できない人に任せない。

「できる人に任せる」というのが鉄則中の鉄則です。

 

自分の事業の身の丈の力をまず知って、そこを切り口に次の手を考える。

現状把握ができたら、

事業において不足している部分を補うために人材の補強や、パートナー連携を強化しても良いですし、

上手く行ってない部分は無視して、今現在上手く行っている部分を圧倒的に磨くことに注力してもいいでしょう。

 

グラシズでは、ワンストップで課題解決できる体制を整えるように、事業で不足している部分を補う方向を検討しています。

 

一緒にクライアントの成果にコミットしてくれる仲間、パートナーを募集しています。

先日facebookにダメ元でパートナー募集をアナウンスしたら予想以上の反響で驚きましたが、東京・福岡を拠点に一緒に仕事できる法人・フリーの方を求めています。

人材募集

連携募集ジャンル

営業

ディレクション

分析

制作

コピーライティング

 

正社員となるともっと安定して稼がないといけないのでw、まずは外部パートナーとして連携頂ける方を募集しています。

facebookメッセージや、問合せフォーム等から、実績十分な方はお声かけください!

 

おまけで鉄則をもう一つ

よく社員研修で社員を伸ばそうとしますが、教育はもともとその人が持っている潜在能力を引き出すものであって、そもそも持っていない資質は一定以上は伸びないので、その点ご注意を。

そもそも出来る人をチームに入れる、です。

土谷振り返り

グラシズ代表の頭の中

1241views

力を抜いても、成果・行動をコントロールする決定的な2つのポイント
WS000000.jpg

セミナー情報

710views

【社内に分析できる人材が育つ!】アクセス解析講座 プレセミナーの開催
お電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

各種お問合せ

各種お問合せはこちら

WEB制作会社・広告代理店様へ

  • WEBアクセス解析サービス無料資料請求
  • 無料メルマガ登録
  • ヒートマップPt engine導入体験
  • お試し価格でオンラインユーザビリティテスト