COLUMNコラム

Googleのファインド広告とは?GDNとの違いや活用方法を紹介


「Googleディスプレイ広告の配信を検討しているなかで、Googleファインド広告というものがあることを知ったけど、どういう広告なのか知りたい」、「Googleディスプレイ広告とファインド広告の違いを知りたい」などと思われていませんか。

本記事では、Googleディスプレイ広告とファインド広告の違いから、種類や効果、メリットや活用方法まで、Googleファインド広告の概要をご紹介します。

記事を読めば、貴社のWebマーケティングにGoogleファインド広告を利用すべきかどうか判断できますので、ぜひ最後までご覧ください。

Googleのファインド広告とは?

Googleのファインド広告とは、Googleのディスプレイ広告であるGDN(Googleディスプレイネットワーク)のメニューのうちの一つです。

ディスプレイ広告とは主に画像形式のクリエイティブを用いてWebサイトやアプリ、動画サイトなどに配信される広告です。画像形式のクリエイティブが多いので、「バナー広告」と呼ばれることでも知られています。Googleディスプレイネットワークは、Googleが提携している200万以上のWebサイトに広告が配信できるのが特徴です。

GoogleディスプレイネットワークとGoogleファインド広告で大きく違うのは、広告の配信先です。

GDN個人ブログも含む200万以上の配信先
ファインド広告YouTube、Gmail、Discoverの3つのみ

Googleディスプレイネットワークの場合には広告が個人ブログも含む200万以上の配信先にAIの差配によって表示されます。諸々の設定をすることでより商品・サービスへの興味・関心が高いユーザーに広告を表示させることが可能になります。

他方、Googleファインド広告の配信先はYouTube、Gmail、Discoverの3つのみです。次節で詳細についてご説明しますが、基本的のこの3つの配信先にしか広告が表示されません。

まとめますと、Googleファインド広告はGoogleディスプレイネットワーク(GDN)のメニューの一種で、両者の違いは広告の配信先です。

ファインド広告の配信面

Googleファインド広告には以下の3つの配信先があります。

  • YouTube
  • Gmail
  • GoogleDiscover

それぞれの配信先について個別にご説明します。

YoutubeにおけるGoogleファインド広告

Googleファインド広告はYouTubeに配信されます。YouTubeのなかでも以下の2箇所に配信されます。

  1. ホームフィード
  2. 次のおすすめフィード

YouTubeの「ホームフィード」とは、YouTubeを訪問した際に最初に表示される画面です。さまざまな動画が並列に並んでいる中で、動画を紹介する形式と同じ形で「画像+文言」形式のファインド広告が表示されます。ファインド広告はYouTubeの動画とほぼ見分けがつかないようになっているため、ユーザーも抵抗なくクリックしやすいように感じるでしょう。

Googleファインド広告の例
参考:さまざまな場でユーザーに発見してもらえるファインド広告 – Google 広告 ヘルプ https://support.google.com/google-ads/answer/9904013?hl=ja

また、ファインド広告は「次のおすすめフィード」にも表示されます。「次のおすすめフィード」に表示される場合にも動画と同じように見えるのでクリックされやすいです。

GmailにおけるGoogleファインド広告

ファインド広告はGmailにも表示されます。GmailはGoogleが提供するメールサービスで、多くのビジネスパーソンに使われています。日常的に利用するユーザーが多いことからも、高い広告効果が期待できます。Gmailに表示される場合には、以下の2箇所に表示されます。

  • プロモーションタブ
  • ソーシャルタブ

GmailはPCでホーム画面にアクセスすると、「メイン」タブ、「プロモーション」タブ、「ソーシャル」タブの3種類のタブが並んでいることがわかります。ホーム画面にアクセスした最初の画面では「メイン」タブのメールが表示されています。一つ右のタブが「ソーシャル」タブで、一番右のタブが「プロモーション」タブです。

それぞれのタブをクリックしてみると、メールの上に2つ「広告」というラベルとともに広告が表示されます。これがファインド広告です。メール広告と異なり、メールの文面は必要ありません。広告の文言だけでOKです。

モバイルの場合にはホーム画面にアクセスして左上の三本線のマークをタップすると、「メイン」、「ソーシャル」、「プロモーション」とそれぞれのタブに遷移できる文言が出てきます。「ソーシャル」、「プロモーション」をタップすると、それぞれのタブに遷移します。タブに遷移すると、PCのときと同様に、最上位2つの欄にファインド広告が表示されています。

Gmailのファインド広告も、YouTubeのそれと同様、ユーザーが広告を自然とクリックしやすいように、周囲に溶け込む形式で広告が表示されます。

Google DiscoverにおけるGoogleファインド広告

ファインド広告はGoogle Discoverにも表示されます。Googleディスカバーとは、スマホでGoogleの検索画面を開いた際に表示されるおすすめWebページ(おすすめ記事)のフィードです。ユーザーの検索履歴やインターネット上の行動履歴に基づいて、それぞれのユーザーの興味関心に沿ったWebページが表示されます。

PCでGoogle検索する際にはGoogle Discoverはデフォルトでは表示されませんので、スマホユーザーに向けてディスプレイ広告を表示させたい場合に有効です。ただし、PCでもGoogle Discoverの画面を見ること自体は可能です。

ファインド広告の種類

Googleファインド広告は、以下の2種類の形式で配信できます。

  • ファインド広告
  • カルーセル広告

Googleファインド広告のファインド広告とは、画像一枚といくつかの広告文の組み合わせで表示される広告です。最終的に広告として表示される画像は一枚のみで、広告文の組み合わせも一つに決まりますが、あらかじめ複数のパターンを設定しておくことができます。最終的に広告として表示される際に、ユーザーやそのタイミングに最適な広告画像と広告文の組み合わせをAIが選択し、最終的な広告として配信される仕様です。

以下にファインド広告形式の場合の、それぞれの広告要素の入稿ルールをまとめました。

画像

広告要素概要文字数上限数
画像横長(1.91:1)、スクエア(1:1)、縦長(4:5)
※縦長YouTubeでは表示不可。
20枚まで
ロゴスクエア(1:1)サイズが設定可能。5枚まで
URLクリックした際にユーザーが遷移する自社サイトのページ1つ
広告見出し広告で一番最初に表示される文言。見出し文。半角40文字以内
(全角20文字以内)
5つまで
説明文商品・サービスの内容を説明する広告文。広告見出しの下に表示される。
※サイズや形式によっては表示されないこともある。
半角90文字
(全角45文字)
5つまで
会社名会社名。ブランドの名前でも可。
広告文に表示されることもある。
半角25文字
(全角12文字)
1つ
行動を促すフレーズのテキストユーザーに行動を促すためのテキスト。以下の12種類から選べる。
今すぐ適用今すぐ予約お問い合わせダウンロード詳細インストールサイトを見る今すぐ購入お申し込みお見積もり登録もっと見る
1つ

以上の表をご覧いただくとわかるように、ファインド広告はやり方次第でさまざまな広告を作成可能です。AIがその都度最適な広告を作成するために、できるだけ多くのパターンを用意しておくのがおすすめです。広告を作成し、効果検証しながらAIが学習していくので、パターンが多いほど広告の成果率も高まっていきます。

カルーセル広告は、複数の「画像+テキスト」のカードを組み合わせた広告で、イメージ的にはファインド広告を複数枚組み合わせたようなものです。カルーセルカードは2枚〜10枚作成可能です。

カルーセル広告の場合は、カルーセルカード一枚ごとにURL、画像、広告見出し、行動を促すフレーズを設定できます。また、カルーセルカード外にも広告見出しとURLを1セット設定可能です。

カルーセル広告の広告要素ごとの入稿ルールを以下にまとめました。

広告要素概要文字数入稿できる数
カルーセルカード画像と広告文、URLの組み合わせ。2枚〜10枚
画像横長(1.91:1)、スクエア(1:1)、縦長(4:5)の3サイズが設定可能。縦長はYouTubeでは表示不可能。1つのカードに1枚
ロゴスクエア(1:1)サイズが設定可能。1つ
URLクリックした際にユーザーが遷移する自社サイトのページカード内に1つ+カード外に1つ
広告見出し広告で一番最初に表示される文言。見出し文。半角40文字以内(全角20文字以内)カード内に1つ+カード外に1つ
説明文商品・サービスの内容を説明する広告文。広告見出しの下に表示される。サイズや形式によっては表示されないこともある。半角90文字(全角45文字)1つの広告に1つまで
会社名会社名。ブランドの名前でも可。広告文に表示されることもある。半角25文字(全角12文字)1つ
行動を促すフレーズのテキストユーザーに行動を促すためのテキスト。以下の12種類から選べる。
今すぐ適用今すぐ予約お問い合わせダウンロード詳細インストールサイトを見る今すぐ購入お申し込みお見積もり登録もっと見る
カルーセルカードごとに1つ

カルーセルカードは、複数の商品・サービスを並べて見せたい場合や、一つの商品・サービスに複数のメニューやWebサイトがある場合などに利用すると効果的です。

ファインド広告のメリット

本章ではファインド広告のメリットをご紹介します。

広範囲のリーチ

ファインド広告のメリットとして、広範囲のユーザーにリーチできることがあります。元々、Googleのディスプレイ広告はGoogleが提携している200万以上のWebサイトに配信されるものです。なかでもとりわけアクセスが多いのが、YouTube、Gmail、Google Discoverの3つのサービスです。

2020年の時点でYouTubeの国内ユーザー数は6,500万人以上、世界的にはYouTubeの月間アクティブユーザーが20億人以上に達するとも言われています。YouTubeは国内はもちろんのこと、世界的にも圧倒的なユーザー数にリーチできる媒体ということです。多くのユーザーに広告をリーチさせ、商品の認知を拡大させるにはぴったりでしょう。

また、日常的にもビジネス用のメールアドレスとしても、多くのユーザーに利用されているGmailも圧倒的なユーザー数を誇るWebサービスです。2018年の時点で世界で15億人ものユーザーがGmailを利用しているとGoogleは発表しています。

さらに、GoogleディスカバーはスマホでGoogle検索をする際に出てくる画面なので、ほぼすべてのインターネットユーザーの目に触れる可能性があると言っても過言ではないでしょう。検索エンジンのシェアはGoogleがYahoo!を引き離して国内No.1なので、多くのユーザーに触れることは間違いありません。

情報豊かで関連性の高いクリエイティブ

リスティング広告であれば文章のみでしか訴求できないところを、ファインド広告では画像と広告文の両方を駆使して情報量豊かにユーザーに訴求できる点はメリットです。

また、カルーセル広告であれば、一枚だけでなく複数のカルーセルカードにして訴求できるので、複数の商品や、一つの商品の複数タイプのものを訴求できるなど、訴求の方法も多様にできる点も魅力です。

さらに、Googleディスプレイネットワーク(GDN)の広告は、ユーザーのインターネット上の行動履歴を集めているため、興味関心の高いユーザーを中心に広告をリーチさせることができます。興味関心の高いユーザーに訴求できれば当然広告効果・費用対効果ともに上昇することが期待できます。

適切なユーザーにリーチして行動を促す

ファインド広告はAIが自然にユーザーの興味関心に沿った商品・サービスの広告を表示させるため、適切なユーザーにリーチして行動を促せます。

それだけではありません。ファインド広告ではさらに商品・サービスとユーザーのマッチング精度を高めるために、オーディエンスを設定することができます。

たとえばリマーケティングの機能を使えば、一度自社のWebサイトに訪問したことがあるユーザーにのみ広告を表示させられます。ほかにもカスタムインテントやカスタマーマッチ、類似ユーザーなどのオーディエンス機能を利用してさらに広告のマッチング精度を高めることが可能です。

ファインド広告の活用方法

本章では、ファインド広告の活用方法をご紹介します。

印象的な画像を使う

ファインド広告ではリスティング広告とは異なり、画像を使うことができます。ユーザーに商品・サービスの魅力をうまく伝えられる画像を作ることができればより広告効果は高まります。

また、ブランディングといった面でも、画像は有利です。説明だけではなく、「かっこいい」、「かわいい」、「おしゃれ」など、さまざまなイメージを画像から与えることができるので、自社商品・サービスを画像を利用してブランディングできます。実際に、多くの企業が画像制作に趣向を凝らしています。

適切なオーディエンスを増やす

Googleファインド広告では、オーディエンス設定を利用することで、さらに広告効果を高めることができます。

一度Webサイトを訪問したことがあるユーザーに広告を表示させるリマーケティング機能は、Webサイトのユーザーデータが十分にあるのであれば必ず利用したい機能です。

ほかにも、一度コンバージョンに至ったことのあるユーザーに似た行動履歴を持っているユーザーをターゲティングする類似ユーザー機能や、ユーザーの興味関心を指定できるカスタムインテント機能、ユーザーの電話番号やメールアドレスを利用してそれらのユーザーに広告を表示させるカスタマーマッチ機能などを利用してより広告のマッチング精度を高めましょう。

適切な予算を設定し、キャンペーンが最適化されるのを待つ

Googleファインド広告のAIが広告に合ったユーザーの特徴を学習するには、まずは十分な予算を利用して広告を配信しなければなりません。

目安としては目標とするコンバージョン単価の10倍と言われています。少なくとも40件以上のコンバージョンが発生するまでは、予算を変えないことをGoogleが公式に推奨しています。AIがユーザーについて学習するには、最低でも2週間〜3週間はかかるとのことです。

掲載結果を測定する

ある程度広告配信期間が長くなってきたタイミングで、必ず広告の掲載結果を測定しましょう。オーディエンス単位の掲載結果を見れば、どういった層のユーザーに広告を訴求すればわかります。また、広告のアセット単位の掲載結果を見れば、どのクリエイティブがユーザーに訴求力があるかどうかもわかり、その後のクリエイティブ制作の精度を高められます。

まとめ

Googleファインド広告とは、Googleのディスプレイ広告であるGoogleディスプレイネットワーク(GDN)のメニューの一つです。ディスプレイ広告ではありますが、広告の配信先がYouTube、Gmail、Googld Discoverの3つのWebサービスに限られている点が、Googleの普通のディスプレイ広告と異なる点です。

Googleファインド広告は画像と文章を用いて、ユーザーに表現力高く訴求できる上、オーディエンス設定などを使えばより広告効果を高めることも可能です。

弊社グラシズにはGoogleファインド広告をはじめとしたWeb広告のプロフェッショナルが在籍しており、広告運用代行やインハウス支援サービスを提供しております。Googleファインド広告でお困りの場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。


ページの上部へ