COLUMNコラム

Yahoo!のリスティング広告(検索広告)とは?種類や仕様・特徴を解説


「Yahoo!のリスティング広告の利用を検討しているけど、どんな特徴があるのかわからない」、「Yahoo!とGoogleのリスティング広告はどっちがいいのかわからない」とお悩みではありませんか。

本記事では、そもそも「リスティング広告とは何か」という点から、Yahoo!リスティング広告の特徴や種類、Googleリスティング広告との違いまで、まとめてご紹介します。

記事を読めば、Yahoo!リスティング広告をWebマーケティング施策として採用すべきかどうか判断できますので、ぜひ最後までご覧ください。

Yahoo!広告におけるリスティング広告とは

Yahoo!広告には、Google広告と同様、「リスティング広告」と呼ばれる広告が存在します。

じつは「リスティング広告」には、狭義の定義と、広義のものの両方が存在します。

Google広告においては、狭義には「リスティング広告」とは「検索連動型広告」のことを指していて、広義には「検索連動型広告」と「ディスプレイ広告」の両方を指しています。

Yahoo!においても、「リスティング広告」の定義はほぼ同様です。

Google広告において「検索連動型広告」と呼ばれるタイプの広告が、Yahoo!ではよりシンプルに「検索広告」と呼ばれます。他方、Yahoo!においてもGoogleの「ディスプレイ広告」にあたるものは「ディスプレイ広告」と呼ばれ、呼称に違いはありません。

本章では、Yahoo!の「検索広告」、並びに「ディスプレイ広告」の概要についてご説明します。

検索広告

「今」検索しているユーザーにあなたの広告を表示するヤフーの検索広告<Yahoo!広告>

Yahoo!の「検索広告」とは、いわゆるYahoo!リスティング広告のことです。以降、「Yahoo!のリスティング広告」というのは「検索広告」のことを指しますのでご注意ください。

検索広告とは、Yahoo!の検索エンジンでユーザーが検索した際に、検索結果となるコンテンツの上部や下部などにテキスト形式で表示される広告のことです。

検索エンジンで検索するユーザーは元々商品・サービスに対する興味・関心が高いことも多いため、検索広告は数あるWeb広告のなかでも、とくに費用対効果が高い広告として知られています。

たとえば、「美容室 渋谷」と検索した場合について考えてみましょう。このユーザーは、渋谷駅近くにある美容室を探していて、おそらく美容室で髪を切ってもらうことを考えているはずです。このように、検索ユーザーというのは、商品・サービスの購入まで近い状態にいる可能性が高いのです。

検索広告は、作成する広告文言のクリエイティブや入札するキーワード、予算やどのようなターゲティングを設定するかによっても、効果が変わってきます。

とくにキーワード設定は重要です。検索ユーザーが実際にどのようなキーワードを入力して商品・サービスを検索するのかを考え、実際に使われているものを入札すれば、広告がユーザーの目に留まりやすくなります。

また、検索広告の広告文も重要です。広告文は、ユーザーの購買意欲を刺激するような魅力的な文章であることが求められます。ただし、文章だけで作成できる広告ですので、後述するディススプレイ広告と比べると制作が容易である点は確かです。

課金方式はクリック課金制です。ユーザーがクリックした分だけ費用を支払えばいいので、無駄に広告を支払う必要がなく、その点でも費用対効果が高くなりやすいのです。

ディスプレイ広告

潜在顧客に幅広くアプローチ!ヤフーのディスプレイ広告(運用型)<Yahoo!広告>

Yahoo!の「ディスプレイ広告」は、国内でも屈指のポータルサイトであるYahoo! JAPANや、Yahoo!が提携しているWebサイト群のなかにある広告枠に、「画像+テキスト」形式や動画形式などで表示できる広告です。俗に「バナー広告」と呼ばれることも多いです。

バナー広告はWebサイトのコンテンツと関連性の高い場合に表示されやすくなります。その性質から、「コンテンツ連動型広告」とも呼ばれます。

バナー広告が表示されるのはWebサイトです。各Webサイトのユーザーには、検索エンジンと違い、自社の商品・サービスにそこまで関心がないユーザーも含まれています。したがって、検索広告よりも、ディスプレイ広告のほうが、すぐに購買につながらない可能性は高いです。つまり、ディスプレイ広告は検索広告よりも費用対効果は低くなりやすいです。

ディスプレイ広告はすぐさまユーザーに購入を訴求できるわけではないため、より多くのユーザーに商品・サービスを認知してもらいたい場合に利用するのが一般的です。

ディスプレイ広告の課金方式は、検索広告と同様、基本的にはクリック課金方式です。しかし、一部のディスプレイ広告では、ビュー課金方式も採用されています。ビュー課金方式とは、ユーザーに広告が表示された分だけ費用を支払う課金方式です。

Yahoo!のリスティング広告(検索広告)の特徴

Yahoo!のリスティング広告(検索広告)の特徴についてご説明します。

掲載先

Yahoo!のリスティング広告の掲載先についてご説明します。

Yahoo! JAPAN 検索サイト

Yahoo!のリスティング広告は、Yahoo! JAPANの検索サイトに表示されます。

Yahoo! JAPANは、国内最大級のポータルサイトです。ヤフオクやトラベルなどの関連サービスもさることながら、一番アクセスを集めているのがYahoo!ニュースです。Yahoo!ニュースでトップに載った記事はSNSを含めたWeb全体で一気にバズることも多々あり、日本のインターネット全体に対する集客力・影響力ともに日本トップクラスのポータルサイトです。

StatCounterによると、デスクトップ(PC)上の日本の検索エンジンシェアは、Googleが75.65%で1位、Yahoo! JAPANが14.2%で2位に位置しています。また、同サイトでスマホ上の日本の検索エンジンシェアを調べると、Googleが75.21%で1位、Yahoo!が24.17%で2位になっています。このように、Yahoo! JAPANはGoogleにシェアの面では及ばないものの、国内でも一定の存在感がある検索サイトです。

詳しくは後述しますが、Yahoo! JAPANはGoogleとユーザー層が違います。そのため、Yahoo! JAPANの媒体を普段から利用しているユーザーに訴求したい場合には、Yahoo!のリスティング広告を利用すると有効です。

提携パートナーサイト

Yahoo! JAPANの検索広告は、提携パートナーサイトにも掲載されます。提携パートナーサイトとは以下のサイトです。

  • 朝日新聞デジタル
  • Bing
  • Excite
  • フレッシュアイ
  • My Cloud
  • MY J:COM
  • Sleipnir
  • So-net
  • Vector

なかでも注目すべきサイトは、Bingです。BingはMicrosoftが運用している検索サイトで、Yahoo! JAPANに注ぐ日本3位のシェアを誇ります。PCでは約10%ほどのシェアがありますので、Yahoo! JAPANのデスクトップのシェアとあわせて約25%ほどのシェアをカバーできます。

Bingは、WIndowsが搭載されているPCのデフォルト検索サイトとして設定されていることも多く、会社で使うPCでは使われることも多い検索サイトです。したがって、ビジネスパーソン系ユーザーにリーチできる可能性が高いと言えます。Yahoo! JAPANの検索広告に出稿するだけで自動的に掲載されるので便利です。

ほかにも朝日新聞デジタルやExciteなど、集客力・信用力ともにあるメディア媒体に掲載できるので、さまざまなユーザー層にリーチできる点が魅力です。

機能

Yahoo!のリスティング広告の機能面における特徴についてご説明します。

広告表示オプション

検索広告は普通、タイトルと説明文で広告文を作成します。Yahoo!のリスティング広告の場合には、タイトルと説明文の下部にさらに「広告表示オプション」と呼ばれるテキスト情報を追加できます。

とくにスマホでは、広告表示オプションを追加することによって画面における広告の占有率を上げることができます。その結果として、広告を表示されたユーザーも広告をクリックしやすくなります。

広告表示オプションにはさまざまな情報を追加できます。

たとえば、あなたの商品・サービスは電話での問い合わせが多い商品である場合、クリックするだけですぐに電話できるリンクを設置することで、ユーザーの利便性を高められます。

また、「クイックリンク説明文」の入力は、Yahoo!が公式に推奨しています。クイックリンク説明文では、さまざまなリンクを設置できます。

たとえば、あなたがECの冷凍ラーメンショップを経営しているとします。このとき、「醤油ラーメン」、「味噌ラーメン」、「豚骨ラーメン」などとそれぞれのメニューにあわせてリンクを設置できるので、ユーザーのニーズにダイレクトに訴求できる可能性が高まります。

また、スケジュール設定によって、季節ごとにリンクを出し分けることもできます。上述したラーメンのECショップの例を出すと、夏は「冷やし中華」のページリンクを表示させる、などといったことができます。

詳しくは「広告表示オプションとは?Google、Yahoo!の全種類とメリットを紹介」へ

自動入札

Yahoo!のリスティング広告の費用は、オークション形式で広告がクリックされる都度決定されます。その際、Yahoo!のリスティング広告では、「自動入札」機能が使えます。

自動入札とは、あなたの広告の利用目的や、訴求したいターゲットによって、最適な入札価格をYahoo!が自動で設定してくれる機能です。

Yahoo!の自動入札では、以下のそれぞれの目的に最適化した入札調整が可能です。

  • クリック数の最大化
  • コンバージョン数の最大化
  • コンバージョン単価の目標値
  • 拡張クリック単価
  • ページ最上部掲載
  • コンバージョン価値の最大化
  • 広告費用対効果の目標値

「クリック数の最大化」を選択かすれば、リンク先のWebサイトへの訪問ユーザー数を最大化できます。また、「コンバージョン数の最大化」を選択すれば、目的とするコンバージョン(資料請求、商品の購入など)を最大化できます。

ただし、自動入札機能はすぐに使えるわけではありません。広告を一定期間運用して検索エンジンがユーザー行動について学習した後ではじめて、使えるようになります。

自動入札機能を使えば、より費用対効果の高い広告運用が可能になります。

自動運用ルール

「自動運用ルール」とは、広告主が決めたルールの範囲内で勝手に広告が設定を変更し、目的に対して広告を最適化し続けてくれる機能です。

広告設定は複雑でやや上級者向けの機能ですが、「サイト内に紹介したい商品が多い」というECサイト運営者の方や、「普段の広告チューニングにあまり手間をかけたくない」という方にはおすすめの機能です。

たとえば、あなたがECサイトを運営しているとします。ECサイトは運用している商品が多いため、それだけサイトに流入してくるときの検索キーワードも多様になります。そこで、コンバージョン数が一定回数以上のキーワードを後から自動で追加し続けてくれるよう、設定できます。「検索キーワードの約7割は想定されていないようなキーワードが使われている」と言われているので、ぜひ設定しておきたい機能です。キーワードの抜け漏れを防止し、成約数の増加が期待できるからです。

かんたんDAS

「かんたんDAS」は広告運用初心者の方であればぜひ利用を検討したい機能です。

そもそも「DAS」とは、「動的検索連動型広告」と呼ばれる広告です。具体的には、タイトルなどを設定する必要がなく、Webサイトを設定しておくだけで、勝手にタイトルなどの広告文を生成し、広告として配信してくれる広告です。

「かんたんDAS」を利用すれば、動的検索連動型広告をさらに簡単に設定できます。結果として、広告運用にかかる時間やコストを大幅に削減できるだけでなく、広告自体の成果の上昇も期待できます。

広告運用の知識・ノウハウがない方は、まずは「かんたんDAS」の利用を検討してみてください。

Yahoo!とGoogleのリスティング広告の違い

本章では、Yahoo!とGoogleのリスティング広告の違いについてご説明します。

ターゲティングの違い

Yahoo!とGoogleでは、ターゲティングできる属性が違います。それぞれにできることとできないことが存在しています。

GoogleではYahoo!ではできないターゲティングとして「子供の有無」を設定できます。また、Yahoo!とGoogle双方ともターゲットユーザーの市町村の設定はできますが、Googleでのみ半径の指定ができます。

それでは、Yahoo!のみで利用できるターゲティング機能はあるのでしょうか。結論としては、「サーチターゲティング」という独自の機能があります。サーチターゲティングでは、以前に検索したことがあるキーワードによってユーザーを絞り込めます。たとえば、以前に「渋谷 カラオケ」と検索したことがあるユーザーにのみ広告を配信できます。

以前にも検索したことがあるユーザーは当然ながら商品・サービスに対する興味・関心が高いので、より費用対効果の高い広告配信が期待できます。

配信先の違い

Yahoo!とGoogleでは配信先も違います。

Yahoo!のリスティング広告は、上述した通り、Yahoo! JAPANの検索サイトや、Microsoftの検索サイトであるBingなどに表示されます。

他方、Googleのリスティング広告は、Googleの検索サイトや、livedoorなどの「検索パートナー」と呼ばれるWebサイトに掲載されます。検索パートナーにはほかにも以下のようなWebサイトがあります。

  • 価格.com
  • OCN
  • BIGLOBE
  • goo

多くのPCユーザーが見るYahoo!とそのパートナーサイトに対して、スマホユーザーの割合が多いのがGoogleです。そのため、PCユーザーに対して訴求していきたい場合には、Yahoo!を選ぶのがおすすめです。

表示オプション

Yahoo!とGoogleでは利用できる表示オプション数が違います。

じつは、Yahoo!で利用できる表示オプション数は、Googleよりも少ないです。GoogleではYahoo!では利用できない住所の表示オプションや、アプリリンクの表示オプションなども利用可能です。Googleで利用できて、Yahoo!で利用できない表示オプションには、ほかにも以下のようなオプションがあります。

  • アフィリエイト住所表示オプション
  • 構造化スニペット表示オプション
  • 価格表示オプション
  • プロモーション表示オプション
  • 販売者評価の広告表示オプション

文字数

Yahoo!のリスティング広告と、Googleのリスティング広告では、表示できる文字数は同じです。

2020年8月までは、じつは両者で表示できる文字数に相違があったのですが、現在では同じ文字数になりました。

ユーザー層

Yahoo!とGoogleでは、利用しているユーザー層が違います。

Yahoo!のリスティング広告掲載先には、Yahoo! JAPANなどの関連サイトも含め、PCユーザーが使っている割合が高いWebサイトが多いです。また、ユーザーの年齢層は40代〜50代が多く、ミドル〜シニア層に訴求しやすい広告であると言えます。

他方、Googleは、スマホユーザーが使う割合が高い検索サイトです。また、利用しているユーザーの年齢層には若年層が多いため、若年層向けにマーケティングを展開したい場合には、Googleのリスティング広告を利用するのがおすすめです。

まとめ

Yahoo!のリスティング広告の特徴や種類についてご説明しました。

Yahoo!のリスティング広告は、Yahoo! JAPANやBingなど、PCユーザーの割合が高い検索サイトに表示されるため、PCユーザーに訴求したい場合におすすめの広告です。

Googleでは使えない「サーチターゲティング」機能で、より特定の検索キーワードに関心が高いユーザーにリーチできます。そのため、元々意欲が顕在化している層にリーチでき、費用対効果も高いものが期待できます。

弊社グラシズでは、Yahoo!のリスティング広告運用代行支援も行っております。設定方法などがわからない場合にでも、ぜひお気軽にご相談ください。


この関連記事も読まれています

ページの上部へ